MUSA

MUSA

女神イシスからのチャネリングメッセージ

〜大谷マキのチャネリングの契約である古代エジプトの愛と豊かさの女神イシスのチャネリングメッセージを公開いたします〜

女神イシスのメッセージ 9月5日瞑想会 「神として目覚める」 2017年09月07日(木)

  私はイシスと申します
このチャネラーを通じて
みなさんにお話をさせていただきます
その機会に感謝を申し上げます

地球上に生きる人類の多くの方々が苦しみもがいています

それは人生で避けられないことであり
そのような体験を通して本当に大事なものを
見つけていく必要があるからこそ
そのような体験をするのですが
今この時期にとても大事なことがあります

それは今こそみなさんが本当に本当に
神として目覚めるということです

自らが神であるということに目覚めることは
もちろんのこと神聖さということ

つまりは神、天、宇宙という
神聖なるものに関わる
生き方をするということです

みなさんはふだん神という存在や神ということを
どのくらい意識しているでしょうか

私はこの歴史において人間の方々が作った
宗教のことを言っているのではありません

もっとオリジナルに基づいたことです

自らの中に神聖さをみて
日々の生活の中で神聖さというものを見ていくときに
みなさんは神と一つとなり神聖さに救われていくでしょう

しかし、神聖さというものを自らにも他人にも見ずに
神から離れた意識で生きる人たちには
苦しみやもがくという状態が起きて来るのです

人生における苦しみや悲しみ困難というものは
もちろん成長のためにあなたを愛し導く神や宇宙から
レッスンとして試練としてもたらされるものでもあり
またあなたの本質が望んで起こしているものでもあります

ですが、そのさまざまな辛い体験ですら
そこで神や宇宙に気づいてほしいと
願ってもたらされることなのです

みなさんのこれまでの人生体験の中で
そのような目覚めを
何度も体験されていることでしょう

宇宙の法則、神聖なものに対する心を持たずに
違った意思をもって行ったことには罰があたったり
上手くいかない方向にいったり

そして散々な目にあって痛い思いをして
心を入れ替えて、改めて神聖さというものを持って
人生を再スタートしたという体験が
何度かおありなのではないでしょうか

そのようにみなさんの人生においては
その体験を通して神聖さに目覚めるようにと
神や宇宙のお導きが常にそこにあるのです

それでも人間として生まれているみなさんは
欲深くなったり、楽をしたいと願ったり
もしくは進化すること、成長していくこと

変化することに対して
恐怖に基づき抵抗してしまったり
そういったことを繰り返し、神から離れていきます

しかしそれらは全くうまくいかないのだということを痛感し
そしてまた神の法則や宇宙の法則に
則った生き方をしていくように導かれていき
人生を再スタートされていらっしゃいます

そして今こそ、この地球において本当に神として目覚め
自分自身も周りの人も人生で出会う全ての人々も
本来かけがえのない神聖な存在であるってことに気付き
目覚めるときがやって来ているのです

そのようなタイミングが今
みなさんのこの地球にやってきているのです
神から、天から宇宙から遠く離れた状態で生きるのは
苦しみしかもたらしません

宇宙の法則、神の法則に則らない生き方は
真の成功をもたらしません
真の喜びも真の豊かさももたらしません

しかし今、この地球は大きく波動が上昇しており
全ての人々が神として目覚める時代がやってきており
それが可能な状況になっているのです

そのようなとてもすばらしい貴重な機会がチャンスが
この地球に人類のみなさんにやって来ている今
その目覚めが起きない状態にあると
苦しみの中でもがき続けることになってしまうのです

中には、苦しみもがいているということに気づかずに
苦しみ続けもがき続ける方も多いことでしょう

しかし今、とても強く天からも宇宙からも
今こそ目覚めのときであると
呼びかけがやって来ているのです

みなさん一人ひとりが神として目覚め
本来持っている神としての全ての素晴らしさを輝かせて
表現して生き生きと生きていく
そのときがやって来ているのです

そのような目覚めのときが今やってきています
これまでの神、とか神聖さとかいうことに対する概念も
破壊していくことでしょう

これまでは神から遠い遠い人間という存在であり
そして神様にたまにご挨拶に行く
苦しいときに助けを求める
一年に一回だけご挨拶にお詣りに行く

そのように自分は神から遠く離れた存在であり
神はどこかで見守ってくれている
満ちたる高いところにいらっしゃる存在であるという概念も
機能していかなくなっていくでしょう

もちろんみなさんを見守り、導き、愛し
守ってくださる神々の存在は実際にあります
それとは別にみなさん自身が神聖なる存在であるということ

それがこれまでの時代の中でできた概念によって
それを信じることが難しい状態にあるかと思います
その概念が崩壊していく時期です

これまで通りこれからもみなさんを愛し守り導く
特定の神々女神たちというのは存在し続けます

特に大きく、今変容と癒しが起きていることは
そのみなさんを愛し守る崇高なる神々女神たちと
みなさんが乖離していて遠く離れた存在であり

神聖な存在とは程遠いのが人間であるという概念ですが
この概念が今崩壊の方向にあります

そしてそれは崩壊すべきなのです

みなさん方も一人ひとりが神であり女神であり
崇高なかけがえのない神聖な特別な存在なのです
その概念がようやく封印を解かれて開かれようとしています

これまで封印されて来たのは神であるという事実に
目覚めさせないようにするコントロールの力によるものです
神、女神である真実に目覚めてしまったら
とてつもない神業を発揮することができます

そうするとコントロールをしたいと思う人達が
コントロールできなくなってしまうのです

これからの時代は一人ひとりが神、女神として目覚め
一人ひとりが独自のその地球に持ってきた神業を発揮する
そのときなのです

全ての人が独自性があり個性がありそれが重要であり
それによって調和が生まれるのです
真の調和とは、異なるすべてのものが
手をつなぐ状態を意味します

これまで調和という言葉の概念も汚染されて来ました
争いことが起きないこと、余計な主張をしないこと
誰かに合わせること、みなが同じであること

その一人ひとりが自らの力を封印して
遠慮して抑え込みそして周りに合わせる
そのようなことを調和と呼んできていました

それを平和と呼んだ人もいるかもしれません

しかしこれは真の調和でも平和でもありません
全ての人が我慢して個性を出さず
誰かに合わせているだけです

本来地球に持って来た能力も資質も魅力も遠慮して出さない
そして周りから目立たないようにする
それを調和とか平和とよんでいました

それは平和でも調和でもありません
封印であり遠慮であり
誰もが本来の力を発揮していない状態です
この概念が崩壊する時期がやってきています

真の平和調和とはどのようなものでしょうか

全ての人が全てのパワー、魅力、資質を発揮し
誰もが輝いている、そしてその一人ひとりが全員異なる

独自の個性的なその人にしかない
神としての輝きを放っている
その全ての個々の違いが調和を生むのです
真の平和を生むのです

ということは真の調和と平和を
この地上に実現するためには自らの独自性個性というものを
まずほかの誰からでもなく
自分が敬い大切にするということです

人から賞賛されて認めるのではなく
人がなんと言おうと自分の独自性を敬い
大切にするということです

しかしこれはわがままと言うことではありません

自分の独自性を敬うということです
他人の目を気にせず他人に迷惑をかけようとも
自らの主張を貫くということではありません
わがままではありません

自らの独自の素晴らしさというものをまず自分が大切にし
愛し、それを誰から評価されようともされなくとも
発揮していくということです
自分の持って生まれた才能を役立てるということです

自らの思いや主張というものを
しっかりと表現していくということです
そして、同様に、周りの一人ひとりの個性を
敬い、愛し、認めるということです

なかには、理解できない個性もあるでしょう
理解できない、受け入れ難い独自性もあるかもしれません

みなさんは違いというものを恐怖に感じたり恐れたりします
もしくは、それは間違っているという判断をしがちです

しかし、真の平和も調和も、理解できない
受け入れ難い違いを尊重し
受け入れることなしにはありえません

それは、簡単ではありません
受け入れられないものを
受け入れ認めるということは
自分自身との戦いになります

そのように、一人ひとりが自らの神聖さに目覚め
わがままな人間的なレベルの主張ではなく
神としての自分が持っている崇高なる才能、資質を発揮し
神としての光を表現し、自らの魅力を思う存分
人生でこの世界に対して示すということです

そして同様に、神として輝く
一人ひとりの個性を愛し
受け入れ、尊重するのです
違いをお互いに超越し、手を結ぶのです

しかしこの違いというものは
素晴らしいものであるということ
そこに気付かれていると思います

すべての人々が同じ資質を持ち
同じ才能を持って地球にやってきたら
誰もが路頭に迷います
家を建てる才能がある方がいるからこそ
心地よい家に住むことができます

裁縫が得意で、人々がどのように
何をまとったら魅力的かということを考え
それを生み出すことが好きで
そのような才能を持ってきている人がいるからこそ
さまざまなファッションを楽しむことができます

そのようにそれぞれの個性というものは
地球に持ってきた才能であり
そのそれぞれの才能が生かされているからこそ

社会がなりたち、そして自分にはない才能を持って
それを発揮している方々のおかげで
人生を生きるために必要なものが得られるのです

ということは、あなたの才能は
必ずこの社会を助けることになり
この世界の中で生きる多くの方々に
必要とされているということなのです

多くの方々は、自分の才能や自分の提供するものを
受け入れてもらえるかどうか心配になります
そして自分の才能や自分らしさを
生かすことに対して遠慮をしてしまいます

みなさんが、みなさん以外の方々が
発揮している才能のおかげで幸せに便利に
日々の生活が送れるようにみなさんの才能も人々を助け
世の中のために貢献しているのです

だからこそみなさんは自分の才能を、資質を、役割を
自ら敬い大切に誇りに思い
そして日々、あなただからこそ発揮できる
そのお力を発揮していくべきなのです

そこに遠慮はいらないのです
必ずみなさんはほかの人を助け
世の中に役に立つ、才能と力量を兼ね備えているのです
人々が、社会が、この世界がみなさんを必要としているのです

それをどうか真に、理解していただきたいと思います
そのことを信じられないとか、自分なんてって思っている人が
多かったり、自分なんてと思ってるどころか

自分は取るに足らないとか、自分は必要ないとか
自分がいなくなっても、世の中は変わらないとか
そんなふうに自分の存在そのものを否定したり

存在価値を受け入れないでいる方が
世界中にとても多くいて
これこそが世界中に蔓延している病気なのです

みなさんは必要とされているのです
みなさん存在そのものも
地球に持ってきた才能も、資質も
みなさんそれぞれの独自の素晴らしい神としての個性も

必ずこれまでも今もこれからも、人々を助け
人々を幸せにすることに役に立っているのです
社会に必要とされているのです

もしほんの少しでもみなさんの中に自分なんてとか
自分がいなくても社会は変わらないのではないかとか
そんな思いがほんのちょっとでもあったら
それを手放してください

必要とされていない人など誰もいないのです
この地球に人類に世界に新しい社会に
みなさんは必要とされているのです

ですから、ほんの少しでもみなさんの中に
自己否定の思い、考えがあって
それをみなさん自身を邪魔しているとしたら
そのネガティブな、否定的なエネルギーに
パワーを与えないようにしてください

もしそんな思いがふとでてきても
いや、私は存在する意味がある
必要とされて今ここにいる

私の神としての素晴らしい美しさも、魅力も、才能も
多くの人々に必要とされている
私の存在全てが必要とされている
そのように自分にその事実を言い聞かせてください

自らの神としての素晴らしさを発揮することを
邪魔するあらゆるものに打ち勝ってください
周りの評価も関係ありません

これまでの人生体験で、自らの神聖さを封印する
さまざまな要因がもちろんあったことでしょう
でも過去のせいにしてもいけません

どれだけ自分の神としての素晴らしさを
封印するような体験をしてきたとしても
そのすべてを手放し神としての素晴らしさを生きるという

決意と選択は今この瞬間することができ
その決意によってこれからの人生を全く
ガラッと違うものにすることが可能なのです

神であることに目覚めるときです
より多くの方々が神として目覚めるときです
一人ひとりが自分にしかない神業を発揮する
そのときがやってきています

これまでの時代に、見受けられたような違いを否定する
違いを、受け入れない、違うから相手を潰す
そのように違いを認められないことによって
戦争が繰り返されてきました

しかし、この違いを受け入れられないということは
ある一つの原因から起きています
それはどのような原因でしょうか
それは、自分を受け入れないということです

自分の素晴らしさを受け入れず
自らを敬い、自らを輝かせることができない状態
自分を否定し、自分を卑下し
自分なんてという想いのもとに生きている

自分を愛し、許し、受け入れる
尊重することができないことが
自分と違う個性に対する怒りとなり

相手を認められないということから
相手をいじめたり、戦争というものに発展したり
ジャッジをしたりという争いを不調和を生み出すのです

真の平和、調和を現実のものとするには
自分自身を受け入れ、愛することなしに不可能なのです
あなたは神と約束して、地球に重要な任務を持ってやってきています
今ここに生きているということこそが、その証拠です

自分を愛すること、自分を尊重する、敬うこと
自分を大切にすること、自分がもってる素晴らしさは
人々に、世界に必要とされているのだということ
これをどうか、本当に理解してください

そしてそれを否定する思いがあなたの中から生まれたら
その否定する考え方や思いに負けないでください
あなたのなかからあなたの神聖さの扉を開くことを
邪魔するものが、これからも繰り返しやってくるでしょう

そこにパワーを与えずにそういったものが出てきても
自分を尊重する、自分を愛するという方向に意識を向けて
そして自らの神聖さの扉を開いていってください

神であるあなたは存在するそのものが
本当に意味があり、地球に対する恩恵なのです

これからも日々あなた自身を抱きしめ、愛し、敬い
今日一日私が人々、世の中のために貢献できることは何だろう
私だからこそ人々に分かち合えるものは何だろう

そのように自分自身問いかけ
そして一日一日をあなたの素晴らしさをもって
人々を幸せにし、世の中を良くすることに尽力をしてください